隠岐の島の家とPrivate Salon KICOLI 完成


2017.12.28

引き続き、

ブログ改め、物件完成日記へようこそ。

 

 

少し前(9月)にお引渡しをしました、隠岐の島の家とPrivate Salon KICOLIについて綴ります!!

 

 

場所は島根県隠岐の島町。美容院との新築店舗併用住宅の計画です。

 

比較的交通量の多い道路沿いにある、約100坪の敷地。

 

当初の案がこちら。

 

 

道路沿い、店舗併用住宅という諸条件の中で、住居と店舗がほどよい距離感で繋がる住まいとなる事、外観からも店舗らしさが出るよう計画しました。

 

初めてご提案した際の、愛猫のミーちゃんからのプレッシャーは半端なかったです。笑

 

 

最終的には当初の案の外観は維持しつつ、用途によって窓を配置し、それぞれ外壁の仕様も変えて、より店舗らしさが出た計画としました。

 

3

 

店舗の計画も旦那様と色々と模索しながら、山小屋のような木に包まれた空間となるよう計画しました。

 

4

 

 

 

工事に入る前の土地に対してのご挨拶

 

「地鎮祭」

 

※都合がつかず、不参加により写真なし・・・

 

 

 

 

そしていよいよ、計画から約1年半。工事着工です!

 

 

こちらでは地盤調査の結果、改良不要と出ました。

 

皆で喜んだ事は今でも忘れません。笑

 

 

基礎工事

 

5

 

6

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

第三者機関の検査も指摘なく合格。

 

 

 

基礎完成

 

8

 

 

いよいよ、大工さんの登場です。

 

棟梁の掛け声と共に手際よく、組まれて行きます。

 

こちらは何とお施主さんのお父さんが大工さんで、棟梁として今回入ってもらっています。

 

何かとても素敵で、羨ましかったです。

 

お父さん(棟梁)も普段より気合が入ったのではないでしょうか!?

 

9

 

10

 

11

 

 

いつ見ても、職人さんはかっこいい。

 

12

 

2日かかりましたが、無事に上棟。

 

14

 

13

 

屋根の通気も確保しながら、屋根葺き材(ルーフィング)を貼って行きます。

 

 

 

こちらは島根の県産材を使用した構造です。

 

 

大工さんありがとうございました!!

 

 

次の日からは内部造作工事、屋根工事に進んでいきます。

 

16

 

17

 

 

 

施工難易度の高い納めでしたが綺麗に納めて頂きました。

 

17-2

 

壁と天井の断熱材は吹付断熱を採用しています。

 

18

 

19

 

20

 

 

 

フローリング、壁と天井のボード貼りも終えて、クロス工事。

 

 

続いて、店舗部分

 

 

こちらも断熱材は吹付断熱を採用しています。

 

22

 

長時間居る空間だからこそ、見えない部分にも妥協はできません。

 

無垢のオークヘリンボーンが貼られてモルタル施工待ち。

 

 

壁と天井はシナ合板で統一しました。

 

 

ついに完成です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

12

お客様はじめ、携わって頂いた職人さんに感謝です。

 

今回施工頂いたのは、

隠岐の島の、
㈱吉崎工務店さんです。
http://www.yoshizaki.co.jp/

皆さんとても良い人で、尚且つ施工がとても綺麗。

ファンになりました。また機会があればお願いしたいです!!

 

店舗のサインは、米子を拠点に活動されている、

ジークマン
https://www.geeeeekman.com/

にお願いしました。

 

オーナーも絶賛のとても素敵なサインになりました!!

 

 

 

 

余談ですが・・・

 

隠岐の島は世界ジオパークにも選定されているように、自然環境がすごく魅力的な島でした。

八百杉

 

 

樹齢2000年を超えると言われる杉の大木です。

個人的には屋久島の縄文杉ぐらい大きかったように感じました。

 

木の支えも頑丈でびっくり!

 

 

 

舟小屋

 

 

情緒ある雰囲気。

 

壇鏡の滝

到着するまでの道のりも幻想的。

滝を裏から見るなんて!!

そして、食事も魅力的!!

36 (1024x1024)

オニエビ、バイ貝フライ、ヒラマサ、鮎の寿司

海の幸。

後は個人的に大好きだった、

「隠岐蕎麦」

隠岐に行く度にお施主さんにご馳走頂いた品。

蕎麦はつなぎを使わず100%蕎麦粉を使った、太くて短いのが特徴で、だし汁はあご又はさばを使う今まで食べたことのない蕎麦でした。。。

蕎麦もですが、出汁が最高に美味しいです。

以上、

勝手な観光情報でした!!

 

 

 

 

計画から完成まで、当初のスケジュールより伸びましたが、満足頂けたお家と店舗が出来ました。

この場所で賑やかなお子さん、愛猫達と楽しい生活を送れる事を祈っております!!

 

本当にありがとうございました!!

 

引き続き今後とも宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

加古川の家 完成


2017.12.27

引き続き、

ブログ改め、物件完成日記へようこそ。

 

 

少し前(8月)にお引渡しをしました、加古川の家について綴ります!!

 

 

場所は兵庫県加古川市。築26年のマンションの1室をフルリノベーションする計画です。

 

 

皆さんそうですが、全面改修する計画だとしても、ある程度現状が汚ければ、

 

 

本当に綺麗になるのか?

 

想像ができない。

 

等、言われますが本当に綺麗になります。笑

 

「目に見える部分、全部綺麗になると思ってください」と、伝えています。

 

 

今回の物件もほとんど建築当初から、リフォームされてないような状態でした。

 

 

 

その分、売り出し価格も相場より安かったので、全面改修前提であればメリットしかありません。

 

遠方のお客様とは、SkypeやLINEでも打合せを進めて行きます。

 

 

インターネット様様です。

 

そして、始めの提案がこちら

 

 

やりたい事がはっきりとされていたので、打合せも早かったです。

 

その分、予算調整で時間がかかりました。。。

 

そして工事スタートです!

まずはお清めから。

 

 

解体終了。

 

 

遮音工事と下地調整で万協フロアーを施工。

 

 

天井は白に近いベージュで塗装。これだけで部屋の雰囲気が明るくなります。

 

 

床は無垢のバーチ材。

 

普通のフローリングを規則性よく割って、ヘリンボーン調に貼っていきました。

 

 

これが職人さん泣かせの納まりで、想定の倍、日数がかかりました。

 

しかし、出来上がりはかなり良い感じ。

 

 

また、機会があれば何処かで採用しようと目論んでいます!

 

トイレの棚とリビングの棚は木毛セメント板を使ってシンプルな丸棒の可動棚を造作。

 

 

スイッチはすべてステンレスに黒のトグルスイッチ。

 

 

子供部屋はピンクと水色のポーターズペイントをお施主さんとDIY塗装しました。

 

 

 

相変わらず、とても質感のいい塗料です。

 

 

そして、完成。

 

 

ダイニングテーブルもステンレスキッチンに合う物がたまたま出ていたそうで、雰囲気良いです。

 

 

お客様はじめ、携わって頂いた職人さんに感謝です。

 

施工は大阪時代(今も)お世話になった、

㈱マ プラスデザイン さんにお願いしました。

https://www.ma-pd.com/

 

 

 

 

 

 

 

この場所で賑やかなお子さん達と楽しい生活を送れる事を祈っております!!

 

本当にありがとうございました!!

 

引き続き今後とも宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

福市の家 完成


2017.12.26

お久しぶりです。

ブログ改め、物件完成日記へようこそ。

 

 

少し前(8月)にお引渡しをしました、福市の家について綴ります!!

 

 

場所は鳥取県米子市。新築戸建ての計画です。

 

 

幹線道路沿いにある、約100坪の敷地。

 

 

当初の案はそのゆとりのある敷地に対して、南北に庭を設け、敷地の広さを活かす計画でした。

 

 

最終的には南側の庭を広くとり、幹線道路側の北側は閉鎖的にし、近隣の外観に合わせ切妻型の屋根形状としました。

 

 

工事に入る前の土地に対してのご挨拶

「地鎮祭」

 

 

 

初めての経験でしたが、こちらの神社さんでは事前に神社内で式を行い、最終現地に行き、お清めを行いました。

これは、小さいお子さんがおられる方や、天候の悪い日が多い山陰ではとても良いやり方だと思います!!

 

 

いよいよ、工事着工。

 

 

地盤調査の結果、地盤が弱かった為、地盤改良工事からスタート。

住宅で一般的な工法、柱状改良です。

 

 

 

基礎工事

 

 

第三者機関の検査も指摘なく合格。

 

 

基礎完成

 

 

基礎工事終了後、先行して外部配管工事

 

 

 

いよいよ、大工さんの登場です。

 

上棟に向け、土台と床下断熱材を先行で組んで行きます。

 

 

 

 

そして、上棟当日。

 

四方をお清めし、棟梁の掛け声と共に手際よく、組まれて行きます。

 

 

 

 

 

 

 

いつ見ても、職人さんはかっこいい。

 

 

 

 

無事に上棟。

 

 

その日のうちに屋根葺き材(ルーフィング)を貼って行きます。

 

 

鳥取の県産材を使用した構造です。

 

 

大工さんありがとうございました!!

 

 

次の日からは内部造作工事に進んでいきます。

 

 

鉄骨階段は4人で搬入。

鉄はやはり重い・・・

 

 

壁と天井の断熱材は吹付断熱を採用しています。

 

 

フローリング、壁と天井のボード貼りも終えて、クロス工事、造作キッチン搬入。

 

 

 

キッチン後ろは造作家具とタイル貼り。

 

 

完成です!!

 

お施主様のご厚意で完成見学会を開催させて頂きました。

 

予約制でしたが、計25組のお客様にご来場いただき、とても賑やかな完成見学会となりました。

 

家具のディスプレイは米子のグリニッチさんにご協力頂きました。

 

グリニッチさん
http://www.greeniche.jp/

 

 

 

お客様はじめ、携わって頂いた職人さんに感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早く暖かくなり、広いウッドデッキでBBQに呼んでもらう事を心待ちにしております!!

 

 

 

この場所で賑やかなお子さん達と楽しい生活を送れる事を祈っております!!

 

本当にありがとうございました!!

 

引き続き今後とも宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

福市の家


2017.12.17

CONCEPT

幹線道路沿いのゆとりのある敷地に建つ住宅です。

主要望であった大きなLDKを実現する為に水回りを2階に配置し、約25畳のLDKが実現。広々としたLDKから、南側の明るい庭が見え、道路沿いの北側は最低限の窓で構成しています。

外観は近隣の住居に並んで家型のフォルムとし、外壁は黒の焼杉貼りとしています。それにより、新築なのに昔からそこにあったような、落ち着いた佇まいとなりました。

明るい、広い庭で元気に遊ぶお子さんの姿が今から想像できます。

DATA
敷地面積:350.41㎡(105.99坪)
建築面積:52.99㎡(16.02坪)
延床面積:102.67㎡(31.05坪)
建築場所:鳥取県米子市
構造  :在来工法(木造軸組)
規模  :2階建て

 

加古川の家


2017.12.01

CONCEPT

築26年のマンションの一室を全面改修した計画です。
予算を抑えたいというご要望から、間取りは極力変更せず、物を見せないLDKになるよう計画しました。
キッチン後ろの造作収納、コスト削減にもなるカーテンの間仕切りなどを使い、全体的なテイストが合うよう努めました。
ステンレスキッチン、ヘリンボーン調の床など、ご予算を抑えながら、ご希望のこだわりを形にした住まいです。
レースカーテン越しの光がとても綺麗で、日々ご家族を癒してくれる事を願います。
DATA
所在地 :兵庫県加古川市
延床面積:85.40㎡