西宮の家1


2015.06.30

DSC_6173da01
DSC_6173da01_DSC6741da_DSC6621da_DSC6564da_DSC6565da_DSC6589da_DSC6593da_DSC6632 (2000x1325)_DSC6667 (1325x2000)_DSC6702 (1325x2000)_DSC6725da_DSC6753da
CONCEPT
敷地の東側に河川と樹林が望める計画地。生活の大半を過ごされるLDKをメインに空間を構成しました。LDKは、眺望と日照を考え、2Fに配置。東側から樹林を眺め、南側から日照を取り込んでいます。太陽光発電を配置するため、屋根は切妻型とし、その勾配で生まれた空間をリビングの天井高さとロフト空間に利用しています。その空間はお子様が小さい時は遊び場となり、大きくなると倉庫になるような余白を残した住まいです。
DATA
敷地面積:120.07㎡(36.32坪)
建築面積: 49.68㎡(15.02坪)
延床面積: 98.53㎡(29.80坪)
建築場所:兵庫県西宮市
構造  :NK工法(木造軸組)
規模  :2階建て
※advance architectでの担当

 

中央区の家


2015.06.30

_DSC1950
_DSC1950_DSC1865_DSC1871_DSC1886_DSC1896_DSC1924中央区 (2)_DSC1889_DSC1914_DSC1880中央区 (1)中央区 (3)
CONCEPT
敷地の周りをマンションに囲まれ、道路を挟んだ向かいには高層マンションが建つ当該敷地。そんな環境の中で、ご家族がメインで計画されたLDKには光が溢れる工夫をこらしながら、外部の視線を気にせずに空を感じられる光庭を隣接しています。その結果、都会である事を忘れさせ、周辺の視線を気にする事なく暮らすことができる住環境が実現しました。また、ポイントで各室はそれぞれ仕上げを変え、遊び色を楽しめる空間にもなっています。
DATA
敷地面積:118.67 ㎡(35.89坪)
建築面積:67.90 ㎡(20.53坪)
延床面積:156.08 ㎡(47.21坪)
建築場所:大阪市中央区
構造  :軽量鉄骨造
規模  :3階建て
※advance architectでの担当

 

箕面の家


2015.06.30

1da
1daSONY DSCDSC_0757daDSC_0765daDSC_0768daDSC_0771daDSC_0752daDSC_0778daDSC_0779daDSC_0742da箕面の家 (3)箕面の家 (2)
CONCEPT
約2年間の土地探しの中で見つけられた当該敷地。周辺は新規開発された分譲地ながら生活環境と自然環境に恵まれた敷地です。そんな綺麗に区画された敷地に対して、ふたつの箱をずらして配置し、生まれた余白を計画の拠所としています。余白の一部は駐車場、もう一部の余白は庭を計画しています。ふたつの箱の外観は黒と白のモノトーンで落ち着いた印象にまとめ、内部は余白の一部である庭を中心に吹抜けを介した広がりのあるLDKを配置。外部を気にすることなく、プライバシーを守られた空間となっています。また、水周りと居室を2階にまとめ、導線は最小限になるよう計画しました。余白を入れることによって生まれた配置は、光と風を通すことだけでなく、家族のプライバシーを守ることにも一翼を担っています。
DATA
敷地面積:170.27㎡(51.51坪)
建築面積:56.31㎡(17.03坪)
延床面積:100.19㎡(30.31坪)
建築場所:大阪府箕面市
構造  :SE構法(木造軸組)
規模  :2階建て
※advance architectでの担当

 

住吉区の家


2015.06.30

住吉区の家 (2)
住吉区の家 (2)住吉区の家 (3)DSC_0060DSC_0054DSC_5259DSC_5245DSC_5247DSC_5242DSC_0070住吉区の家 (5)住吉区の家 (1)住吉区の家 (5)
CONCEPT
6階建てマンションの一室を全面改修したプロジェクトです。フロア全体を“分譲地”と捉え、人が行きかう中央部分を道(大きなテーブル)とします。それによって各住戸(各部屋)は必然的に道を通ることになります。大きなテーブルを介して様々なアクティビティを誘発するとともに、生活時間が違うご夫婦も必然的にコミュニケーションを取れることになります。また間仕切りはカーテンとし、容易にプランを変更出来るとともに断熱効果を高めることにも寄与しています。
DATA
所在地 :大阪市住吉区
延床面積:47.24㎡
※advance architectでの担当

 

八尾の家


2015.06.30

_DSC2233
_DSC2233_DSC2138_DSC2211_DSC2194_DSC2210_DSC2201_DSC2197_DSC2146_DSC2128_DSC2131_DSC2132_DSC2226
CONCEPT
敷地の南側に公園がある住宅。 この眺望を活かすため、素直にLDKを南側に配置しました。その際、外と内との視線の干渉を段差により解消し、ご主人こだわりの約28畳のLDKからは視線の抜けた開放的な空間が広がります。2階には各居室と水周りを配置しました。奥様こだわりの広い洗面所と屋根付のバルコニーは重宝されることでしょう。また、こだわりの照明が見せる夜の表情も魅力のひとつです。
DATA
敷地面積:133.73㎡(40.45坪)
建築面積:65.62㎡(19.85坪)
延床面積:128.10㎡(38.75坪)
建築場所:大阪府八尾市
構造   : SE構法(木造軸組)
規模  :2階建て
※advance architectでの担当

 

木津川の家


2015.06.30

DSC01787da
DSC01787daDSC01785daDSC_0072daDSC01777daDSC01776daDSC01774daDSC01773daDSC_0066daDSC_0087daDSC_0091daDSC_0103daDSC01765da
CONCEPT
新興住宅街の角地にあたる当該敷地。周辺は建築協定の関係で色彩の規制があるため、落ち着いた色の建物が多い街並みです。そのため、ボリューム感のある建物ながらも街に対してポイントで暖かみのある木製外壁とシンボルツリーを添えて、周辺環境にも配慮した外観としました。内部は、Iさまのご要望から大きなLDKを介して、水周り、居室、庭へとつながる計画とし、いつでも家族の気配を感じられる空間構成となっています。そして、南面の大開口と3階から見える豊かな景色は、忙しいご夫婦に安らぎを与えています。
DATA
敷地面積:273.94㎡(82.86坪)
建築面積:106.82㎡(32.31坪)
延床面積:212.38㎡(64.24坪)
建築場所:京都府木津川市
構造  :SE構法(木造軸組)
規模  :3階建て
※advance architectでの担当

 

大正区の家


2015.06.30

大正区の家 (4)
大正区の家 (4)IMG_9453_DSC9570_DSC9548IMG_9359_DSC9653IMG_9399大正区の家 (3)_DSC9563_DSC9562大正区の家 (2)大正区の家 (1)
CONCEPT
大阪市内に建つ、狭小地区3階建ての奥行きをもった遊び心のある住まいです。いわゆる“ うなぎの寝床”といわれる約20坪の細長い敷地に、光と風と広さを備えました。家族が一緒に過ごす2階のLDKにはスキップフロアを配置し、視線の抜けをつくったことで開放的な空間に。天井に設けたトップライトからは柔らかな光が3階の吹抜け、2階リビングのガラス床を透って1階の玄関まで降り注ぎます。玄関から空を見上げれば、2階と3階とのつながりを感じ、狭小地区とは思えない開放感が感じられます。
DATA
敷地面積:62.99㎡(19.05坪)
建築面積:35.03㎡(10.59坪)
延床面積:102.44㎡(30.98坪)
建築場所:大阪市大正区
構造   : SE構法(木造軸組)
規模  :3階建て
※advance architectでの担当

 

堺の家2


2015.06.30

_DSC7231da01
06070809101112
CONCEPT
約2年間の土地探しの中で見つけられた当該敷地。周辺は畑や住宅に囲われながらも、駅からほど近い等の充実した利便性を確保でき、道路を挟んで、河川があるなど広がりが持てる場所でした。その敷地に、奥様が打合せ中に理想の家とは「お父さんが作っていく家」と言われたお言葉からA様ご家族らしい、家族と共に成長できる住まいを計画しました。奥様の導線を意識してキッチンとパントリーを併設し、普段の導線は最小限に抑えました。また、2階は通常より天井高さを確保し、余白を残す事により、将来のライフスタイルの変化にあわせて暮らし方を変えられるよう工夫しています。この大きな余白(気積)が操作の役目を果たし、面積以上の広がりを感じます。
DATA
敷地面積:118.27㎡(35.77坪)
建築面積: 54.65㎡(16.53坪)
延床面積:105.99㎡(32.06坪)
建築場所:大阪府堺市
構造  :SE構法(木造軸組)
規模  :2階建て
※advance architectでの担当

 

堺の家1


2015.06.30

_DSC0224
01_DSC0211堺の家1 (2) (1331x2000)_DSC1979_DSC1976_DSC1962_DSC1964_DSC2001_DSC1983_DSC1985堺の家1 (3) (1331x2000)堺の家1 (1) (2000x1331)
CONCEPT
人によっては敬遠し、見方によってはとても魅力的な約30mに及ぶ専用道路を持つ旗竿敷地に建つ住宅。家族が孤立するような生活はしたくないという要望があり、家族の一番滞在時間が長いLDKを建物のコアとして中央に配置し、LDKと大きな吹抜けを介してすべての部屋が繋がるよう計画しました。また、玄関に小さな吹抜け(余白)を配置したことで、室内からはアプローチを眺める事ができ、外部からは家族の気配を感じる事ができます。そんな、小さな吹抜けは長いアプローチと住宅を享受する役目も担っています。
DATA
敷地面積:223.32㎡(67.55坪)
建築面積:80.07㎡(24.22坪)
延床面積:130.83㎡(39.58坪)
建築場所:大阪府堺市
構造  :SE構法(木造軸組)
規模  :2階建て
※advance architectでの担当

 

大阪の家


2015.06.30

大阪の家 (4)
大阪の家 (4)大阪の家 (6) (2000x1333)_DSC4227大阪の家 (5)_DSC4238大阪の家 (2)_DSC4170_DSC4182大阪の家 (3)_DSC4154_DSC4235大阪の家 (1)
CONCEPT
約40年前に開発が行われ、近隣も2階建てから3階建てへの更新がはじまっている一画にある敷地。その敷地に対して、可能な限り面積を確保しながら「明るい家がほしい」というご要望のもと、ビルトインガレージ、ホームグランドとなるLDK、家族で使用できる広いWCLなどを配置しています。また、Oさまらしさを感じる木製サッシ、モルタルキッチン、無垢のオーク材、造作家具、照明などで内装に彩りを加えることで、新築なのに以前から建っていたかのようなヴィンテージ感が漂う空間が広がっています。周囲の方からも「Oさまらしいよね」っと言ってもらえるような「らしさ」を感じる住まいです。
DATA
敷地面積:65.11㎡(19.69坪)
建築面積:38.60㎡(11.67坪)
延床面積:108.50㎡(32.82坪)
建築場所:大阪府
構造  :SE構法(木造軸組)
規模  :3階建て
※advance architectでの担当