灘町の家

HOUSE/YONAGOSHI

CONCEPT

築45年の鉄骨造の一部を改修した計画です。

当初より希望されていた大きなLDKにする為、間仕切りを取り、約45帖のワンルームとしています。

ラフな雰囲気を好まれていた為、天井は鉄骨のスラブを剥き出し、キッチンや床材なども雰囲気に合わせた仕様としました。

また、気密性と断熱性を高める為に、壁と天井は吹付断熱とし、既存のサッシもすべて新しい物に替えています。

外観もテイストに合わせて、既存のサイディングを黒で塗装し、ポイントで木材を使用しています。

DATA
延床面積:施工部分168㎡(50.82坪)

建築場所:鳥取県米子市

構造  :鉄骨造