宗像の家

HOUSE/YONAGOSHI

CONCEPT

団地の中にある角地に建つ計画です。
住宅は可能な限り北側に寄せて、採光のとれる南側を大きく空けた配置としています。
玄関を開けると吹抜けを介した大きな窓、鉄骨のストリップ階段、黄金比で配置した特注照明が迎え、主要望であったLDKは、採光の良い位置に配置。ダイニングテーブルと一体となった造作キッチンにポイントとなる、R開口の小上がりスペース。光の加減で表情が変化するポーターズペイントなど、拘りがつまった空間となっています。
外観はテクスチャを加えた左官仕上とし、角地ならではの外観となっています。
お洒落なご家族に合う、他にはない、ここだけの仕様、空間がこれからの生活に更なる彩りを与えてくれる事を願います。
DATA

敷地面積:196.70㎡(59.50坪)
建築面積:59.12㎡(17.88坪)
延床面積:111.29㎡(33.66坪)
建築場所:鳥取県米子市
構造  :在来工法(木造軸組)
規模  :2階建て
TYPE  :PLUS