福市の家

HOUSE/YONAGOSHI

CONCEPT

幹線道路沿いのゆとりのある敷地に建つ住宅です。

主要望であった大きなLDKを実現する為に水回りを2階に配置し、約25畳のLDKが実現。広々としたLDKから、南側の明るい庭が見え、道路沿いの北側は最低限の窓で構成しています。

外観は近隣の住居に並んで家型のフォルムとし、外壁は黒の焼杉貼りとしています。それにより、新築なのに昔からそこにあったような、落ち着いた佇まいとなりました。

明るい、広い庭で元気に遊ぶお子さんの姿が今から想像できます。

DATA
敷地面積:350.41㎡(105.99坪)
建築面積:52.99㎡(16.02坪)
延床面積:102.67㎡(31.05坪)
建築場所:鳥取県米子市
構造  :在来工法(木造軸組)
規模  :2階建て