尾高の家

HOUSE/YONAGOSHI

CONCEPT

築35年の木造2階建て住宅を全面改修した計画です。
ご実家だった思い出のある空間をご家族のライフスタイルに合わせて間取りを変更し、内装も一新しました。外観の焼杉貼りの和風な雰囲気とは違い、内装はご希望であったラグジュアリーな仕様になっています。
元々、応接間であった天井高さ3.2mの空間をLDKに変容し、暗かった室内は明るくなり、面積以上の広がりを感じます。変わって居室は補助金に採用された鳥取県産の無垢杉材を使用し、木のいい香りが残る落ち着いた室内になっています。
外観と内観のギャップを楽しめる住まいです。
DATA
延床面積:施工部分129.19㎡(39.07坪)
建築場所:鳥取県米子市
構造  :在来工法(木造軸組)
規模  :2階建て